JAS認証 ペルー アルトアマゾン 500g
56dd3bf6bfe24c021900210d 56dd3bf6bfe24c021900210d 56dd3bf6bfe24c021900210d 56dd3bf6bfe24c021900210d

JAS認証 ペルー アルトアマゾン 500g

¥3,050 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    SOLD OUT

  • 粗挽き

    SOLD OUT

  • 中挽き

    SOLD OUT

  • 細挽き

    SOLD OUT

ペルーの無農薬コーヒーはアンデス山脈を望む地で、古代よりインカ帝国の末えいの人々によって育まれてきました。コーヒー農園は空中都市で有名なマチュピチュの東、ペルークコス州のキジャバンバ地区、標高1200m~2000mのところに位置しています。 火山灰質の肥えた土壌とアンデス山脈から遥か時を越えて流れてくる雪解け水や、熱帯地方の豊富な雨量、そして寒暖差が激しい気候は良質のアラビカコーヒー豆を育てるには最適です。 この地区のオーガニックコーヒーの栽培は品質管理及び輸出業務はCOCLAと呼ばれる生産者協同組合が行っています。COCLA社は1967年に設立され、現在21の共同体を持ち、その傘下に約6000もの農家があります。栽培面積は2000ヘクタール、収穫高は年間1000トンです。オーガニックの認証は、OCIA、Naturlandをはじめとし、JAS認証も2002年度に取得しました。ここで収穫されるコーヒーはほとんどがティピカ種であり、ブルボン種も1~20%の割合で栽培されています。収穫されたコーヒーの実(チェリー)は栽培地区に5ヶ所あるウェットプロセシング(水洗い・果肉除去・乾燥ができる場所)で引き取られるか、パーチメントの状態でドライプロセシング(精製工場)のあるキジャバンバ地区まで持ち込まれます(JAS認証コーヒー生豆は後者となります)。これら二つの方法をとることで、品質を損なうことなくコーヒーの収穫・加工を可能にしています。また、COCLAはペルーの港に倉庫を持ち、自分達の力で輸出体制も整えています。主な輸出先はアメリカ、ヨーロッパ、日本で90%を占めており、残り10%がペルー国内市場への販売です。 収穫→チェリーの水洗い→果実除去→発酵(12~14時間)→水洗い→乾燥(天日乾燥4日)という工程を経ます。 各農家は堆肥場所を持ち、木の葉、果実ガスなどを使用しています。 <当店へご来店にてお買求めの場合> ペルーアルトアマゾンに関しましては当店へご来店いただいた時、在庫を切らしている場合がございます。ご来店前に在庫有無の確認をしていただく方が確実です。もし切らしてしまっている場合は焙煎させていただけますし、新鮮な豆をお渡しできます。 <味わい> ほのかな酸味とまろやかで爽やかな苦味。 古代インカ帝国の頃に思いをはせ、コーヒーをいただいてくださいませ。

その他のアイテム